仮面デプレッションって何?【うつ病の基本知識】

サイトメニュー

なりやすい性格

医者

なりやすい性格

仮面デプレッションにはなりやすい性格というものがあるのです。これは普段の物の考え方や思考方法が仮面デプレッションの原因になっていると考えられています。例えば、仮面デプレッションになりやすい性格の一例として几帳面な人、完璧主義な人、自己表現がうまくできない人、白黒はっきりしたことが好きな人、生真面目なタイプ、自分よりも他者を優先するような人といったような性格の人が仮面デプレッションになりやすい性格であると言われています。共通している事は極端な考え方になりやすい傾向があるという部分ですはなこのような人は鬱病になった場合にはその傾向がさらに強くなることがあるようです。考え方が極端になってさらに鬱病を悪化させることにもつながるのです。また仮面デプレッションが改善したとしても、このような性格や考え方に変わりがなければ、同じような状況で再び鬱病を再発する可能性があるのです。仮面デプレッションは脳の病気であり、性格も脳の働きによるものです。そのため、仮面デプレッションと向き合う場合には、自分の性格とも向き合う必要があるわけです。ただし、このような性格の人が必ずしも仮面デプレッションになるとは限りませんし。このような性格の悪い性格であるというわけでもないです。それぞれの人間は正確には良い面があり、その良い面をうまく活用することできれば、仮面デプレッションになる様な事はありません。また、環境や状況によって仮面デプレッションを発症してしまいますが、それも正確によってその仮面デプレッションの度合いは変化してきます。そのため、時には環境に応じた考え方に帰ることも仮面デプレッションになることを防止する手段ではないかと考えられます。また、性格というものも遺伝の影響が多いと言われています。生活環境の影響もありますが、根本的な人の性格は自分自身では意識しにくいもので、それを変えることも非常に困難だと言われています。仮面デプレッションにならないようなバランスの良い性格に変えていくためには、自分の考え方や根本的な気質を客観的に知ることが大切なことになります。

Copyright© 2019 仮面デプレッションって何?【うつ病の基本知識】 All Rights Reserved.